テーマ:並列処理

並列処理概論 ver2.(3/3)著者 吉田作太郎

12.チケットプリンターを作った時の例。  昔、航空機のチケットを発券する装置、ATBチケットプリンターの開発をした事がある。 マルチタスクOSを用いないでアセンブラで開発した。 つまり、シングルタスクである。 さて、このチケット。チケットを発行依頼する機械からの命令でチケットを発行するのだが、チケットプリンターで2枚同時に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

並列処理概論 ver2.(2/3)著者 吉田作太郎

7.タスク間通信。  タスク間通信には、同期型タスク間通信と非同期型タスク間通信がある。 一番使われるタスク間通信は、非同期型タスク間通信である。  同期型タスク間通信とは、サブルーチンコールの様な動き方をする。 タスク間通信には送信タスクと受信タスクがあり、同期型タスク間通信とは、送信タスクが受信タスクを起動させると受信タ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

並列処理概論 ver2.(1/3)著者 吉田作太郎

マルチタスクを使ったプログラミングにオブジェクト指向設計のグループ化を組み入れた設計作法についての考察。 著者:吉田作太郎 2014/06/14   並列処理概論 ver2. はじめに これは、OSを作るための本ではなく、マルチタスクOSを利用してプログラムを作る事を第一の目的とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

並列処理概論 ver1. 著者:吉田作太郎。

並列処理概論 ver1. はじめに これは、OSを作るための本ではなく、マルチタスクOSを利用してプログラムを作る事を第一の目的とした本である。第二の目的は、オブジェクト指向のグループ化の性質を利用してマルチタスクで動くプログラム設計の手法を学習するための本である。 まず、マルチタスクを理解する足がかりとなったものは、セマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more